テオリアハウスクリニック公式スタッフブログ テオログ

テオリアハウスクリニック公式スタッフブログ。週に2~3回の頻度で更新していきます!

ボロボロな倉庫を自分たちで研修所に!06【床施工 前編】

10月に入りオクトーバーフェストの時期に突入しました。ビール最高!!

テクニカル(工事課)の古谷です。

 

今回から1階の床施工に入ります!

せっかくなら床もオシャレな感じにしたい!ということで、今回は「COUNTRY BASE」さんのMPCのデザインコンクリートを採用してみました。

施工に際して、実際にCOUNTRY BASEさんに指導していただきながら自分達で行いました。

これまでの改修はこちら
▼ボロボロな倉庫を自分たちで研修所に!01【改修前】
blog.teoria-houseclinic.com/entry/2017/08/25/175811
▼ボロボロな倉庫を自分たちで研修所に!02【解体編】
blog.teoria-houseclinic.com/entry/2017/09/01/090000
▼ボロボロな倉庫を自分たちで研修所に!03【洗浄編】
blog.teoria-houseclinic.com/entry/2017/09/08/070000
▼ボロボロな倉庫を自分たちで研修所に!04【塗装編】
blog.teoria-houseclinic.com/entry/2017/09/15/090000
▼ボロボロな倉庫を自分たちで研修所に!05【断熱編】
blog.teoria-houseclinic.com/entry/2017/09/29/100000

 

MPCはアメリカの建材で本場アメリカでは新築とリノベーションどちらにも使用されていて耐久性・耐候性に優れ、デザインの表現方法も豊富なのでアメリカでは需要が高い建材です!

 

メリットは

①ほぼポリマーなので収縮に強く耐衝撃に優れている

②厚みがクレジットカード1枚分、1mmしかないので建具と緩衝しない

③セメントに色を混ぜ練り込んであるので色落ちしない

④塗布の回数を変えれば様々なデザインが可能

 

f:id:teoriahc:20171005183005j:plain

今回使用する材料

 

f:id:teoriahc:20171006183815j:plain

下地作りから入ります

補修モルタルのRM2パウダーを撹拌

補修モルタルは粗い床表面の凹凸を平滑化にします

 

ちなみに直で塗るとコンクリートが急激に水分を吸収し施工しにくいのでモルタルを塗る前に施工面を湿った状態にするのでプライマーを塗って吸水性を高めておきます

f:id:teoriahc:20171006183935j:plain

平滑になるように塗っていきます

f:id:teoriahc:20171006183857j:plain

いい顔してんな!

決してさぼっているわけではありませんよ

 

f:id:teoriahc:20171006180335j:plain

次にデザインコンクリートに仕上げる為に骨材にあるパウダーを使用し強度と厚みを出していきます(レギュラーパウダー)

 

f:id:teoriahc:20171006180438j:plain

モルタルよりは薄く塗っていきます

 

f:id:teoriahc:20171006180517j:plain

塗装は慣れてないのでコテにみんな四苦八苦

 

f:id:teoriahc:20171006180619j:plain

1回目の下地完成!

 

f:id:teoriahc:20171006181628j:plain

見にくいですがRM2とMPCの2種類があります

間違えると大変なことが起きます笑

RM2:補修モルタル用

MPC:デザインコンクリート用

 

f:id:teoriahc:20171006181724j:plain

2回目のデザインコンクリート用のパウダーを塗っていきます(スムースパウダー)

骨材はないので仕上げのようなものになります

足元周辺と手前で色の違いが分かりますかね

 

f:id:teoriahc:20171006181757j:plain

2回目の下地完成!

なめらかな仕上がりになっています!!

 

床施工はまだまだ続きます!

 

Next▼ボロボロな倉庫を自分たちで研修所に!07【倉庫編】
blog.teoria-houseclinic.com/entry/2017/11/17/090000